Adobe Photoshop CC

Adobe Photoshop CC 2018

映像編集機能をも搭載した、最強のイメージエディタ

Adobe Photoshopは、シンプルなレタッチから複雑な3Dデザインやイラストの作画まで、あらゆる作業を実現する最先端の画像エディタです。豊富な機能とツールを備えているため、その可能性は無限です。また、多くのチュートリアルもあるので、初心者も使い方を学べます。

完全な説明を見ます

賛成票

  • 素晴らしい作品が作れる
  • 入門的な3D編集
  • Adobe Bridgeとの統合性
  • 実物に近いブラシの感触

反対票

  • 高スペックのPCが必要
  • 学習なしでは使えない

秀逸
9

Adobe Photoshopは、シンプルなレタッチから複雑な3Dデザインやイラストの作画まで、あらゆる作業を実現する最先端の画像エディタです。豊富な機能とツールを備えているため、その可能性は無限です。また、多くのチュートリアルもあるので、初心者も使い方を学べます。

そのパワーと機能性で画像編集ソフトの最先端を行く

Adobe Photoshopのツールの数は、最初はその数n圧倒されてしまいますが、何度か使ってみれば、素晴らしい結果を示して見くれます。カラーレベル、アルファチャンネル、マスク、芸術的なフィルタやテクスチャを調整するなど-可能性はあなたの創造力の限度まで。

さらに、Adobe Photoshopには、定番のツールを統合した基本的なビデオエディタが含まれています。タイムラインを有効にし、。ビデオクリップをドラッグして、マスターピースを作り始めてください。

パネルとレイヤーは、Photoshopの同義語

Adobe Photoshopは、ツールを選択して使い分けることができる、ワークスペースとパネルの2つのスペースに分かれています。パネルでは、写真とその効果を構成するレイヤーを管理することができます。

まず、インターフェイスを開いて注意を惹くのは、始めて色が変更され、ダークグレイになったことです。Photoshop Elements、Premiere Pro、After Effectsと同じ色です。この新しい色とパネルの配置は、作業中の画像に集中できるように考えられています。でも、自分の好みではない場合、環境設定で色を元の色に変更するか、新しい2つの色調に変更出来ます。

この分野での最高峰

Adobe Photoshopは、その価格と急な学習曲線をみても、全ユーザーのためのプログラムではありません。しかし、明らかに強力なツールであり、本プログラムが、毎バージョン進めてきた開発なしに今日の画像編集ソフトはないでしょう。

最高の画像エディタを求めているなら、使い方が難しくても、価格が張ったとしても、疑いの余地なく最良の選択肢です。

ユーザーレビュー